スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2冊目 補足

やっと2冊目の「伝える力」を読み終わりました。

さすが池上彰、文章のテンポが良く読みやすかった。伝える力を書いてるから当然といえば当然ですが。

この本の後半部分で印象に残ったところは、カタカナ文字を使わないで話すというところ。

たとえば、コンテンツを日本語に置き換えると何と言えばいいか?中身、内容、作品。

うまく説明出来ないのは、コンテンツの意味を理解していないから。



この話を読んで、俺が思い出したのは、「舟を編む」。

まぁ、読んでないんですが、映画になったやつですよね。

たしか舟を編むは辞書だか辞典を作る話で、その言葉を使わずにその言葉の意味をわかるように説明する。

辞書を引いたときに、コンテンツって引いて、意味の中にコンテンツが入ってたら笑うもんね

俺も普段自分が使ってる言葉の意味を自信持って知ってるとは言えないですね。


とりあえず「舟を編む」が読みたい・・・。DVDでもいいけどせっかく本読んでるし、本で読みたい。
スポンサーサイト

2冊目「伝える力」

2冊目です、これは現在進行形で読んでるやつ!

これは誰が書いた本か、だって? いい質問ですねぇ!

で、おなじみの池上彰さんです

ブログにも必要だと思うんだよね、伝える力


さっそく1冊目と真反対な意見が書かれてたりするw

たとえば、1冊目はメモをとるな! 2冊目はメモをとれ!

これからも本を読んでいくと、こういうことあるとおもうの


でも俺はとりあえず読んでみて、いいところだけ、印象に残ったところだけ参考にするよ


まだ半分しか読んでないけど

この本で印象に残ったところは、


なにかを伝えるにはちゃんと理解して知っておかないと説明できないってこと!


まぁ当然といえば当然なことなんだけど

大学でいうと、卒業研究のテーマとかね?

教授とか同じようなことをしてる人たちにはどんな研究をしているか説明できるけど、

ちいさい子どもたちにも同じように説明して伝わるかな?って感じですかね


自分がどんな研究をしているのか、しっかり理解してないと噛み砕いて説明するのは難しいね

このブログもあんまり難しい言葉は使わずに、誰が読んでもわかりやすいものにしていきたいと思います。

日本語がおかしい部分は本を読んでいくうちに直ると思うのでまたの機会に!

税抜き800円でした!ブックオフで買ったので105円でした←
こんなやつ↓
41s7YrtfuuL.jpg
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
カテゴリ
最新コメント
最新記事
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。